Home - My account - Contact - Policy - Payment - Delivery - Terms - Blog - For Overseas Customers - Twitter

TOP > Detroit House / Techno

Detroit House / Techno

SOLDOUT

1967年にデトロイトで起こった暴動をテーマに制作した08年作「Det.riot 67」冒頭曲のシングルカット。蠱惑的アシッドファンク「Freeki Mutha F cker」のオリジナルに加えてJUAN ATKINSとEGYPTIAN LOVER、オリジネーター二人のリミックスを収録したすんごい盤


1,500円(内税)
3CHAIRSに最終加入したMARCELLUS PITTMAN。現行DETROIT HOUSE/TECHNOからSEX TAGS人脈までを繋ぐ、AARON FIT SIEGELことFITのレーベルからリリースした第1弾。微細なブレでファンクネスを生み出すタイトなビートと歪曲するベース。目的地不明、着地点が見つかりそうに無い、マッド・アシッドハウス「Erase The Pain」。B2では肩の力を抜いてPATRICE RUSHENをサンプリングしたダウンビートで〆ています


1,500円(内税)
THE ROTATING ASSENMBLYのメンバーであるトランペット奏者John Douglasとベース奏者Trent Mitchellが参加。初期SSの特徴である張り詰めた緊張感とTHE ROTATING ASSENMBLYのアコースティックの包容感が同居。ミニマルなピアノとクオンタイズを抑えたドラムを軸に、アコースティックが、クールなトーンで織り込まれていくブラックメンタルサウンド。2015年リプレス盤(2015)


SOLDOUT

10代でThe Lyman Woodard Organizationに参加してた、驚きの経歴の持ち主、デトロイトで若くから活躍するサックス奏者NORMA JEAN BELLによるハウス・プロジェクトPANDAMONIUM。煌びやかにフロアを彩る、ディスコグルーヴのDetハウス。KDJのアルバムにも参加していたDEBBIE WELCHはPATRICE RUSHENを大胆にサンプリング使用。K HAND女史もRMX参加。(1999)


1,500円(内税)
NORMA JEAN BELLのPANDAMONIUMレーベル。NORMA JEAN BELLプロデュースK.HAND、デトロイト女史タッグでのリリース。ヴォーカルは2010年にSOUND SIGNATUREからアルバムもリリースしていたBILLY LOVE。ファンクネス溢れる粗ごなしビートと鍵盤にのせて、STEVIE風のコブシ。アツい。ヴォイスチョップしたK. HAND RMXは荒々しいミニマルな仕上がり。(1999)


SOLDOUT

10代でThe Lyman Woodard Organizationに参加してた、驚きの経歴の持ち主、デトロイトで若くから活躍するサックス奏者NORMA JEAN BELLによるハウス・プロジェクトPANDAMONIUM。もちろんプロデュースはMOODYMANN。朝方にフロアに立ち上がる、こんなセクシーな黒煙で黙々と踊りたい。(2007)


1,300円(内税)
アルバム「Sound Sculptures Vol.1」のCDのみに収録されていた「Love Triumphant」、ミッドテンポに打ち付けるへヴィーなキックにパーカッションやアナログシンセ、ミニマルなフルートなど様々なレイヤーが徐々に変化していく、ブラックサイエンス・ハウス。BサイドにはSUN RAの強烈なミニ・ムーグ・ソロのサンプリングを大胆に挟み込み、ユニークなリズムパターンでグルーヴする、ロウ&ディープな「Space Bumps」。(2008)


2,800円(内税)
デトロイトハウス/テクノミュージックシーンの根城となっているRICK WILHITE(3 CHAIRS)によるレコード・ショップVIBESが監修したコンピレーション。デトロイト、シカゴ、ニューヨークをジャックで繋ぐイラストが示す通り、各地のディープハウスが集いました。VIBES常連のデトロイト、シカゴベテラン勢に加えてBLAZEのJosh MilanやJOVONNなどNYのベテランが加わることにより、黒く重く湿ったハウスコンピとなっています。(2014)


3,000円(内税)
80年代半ばにデリックメイがブレイクバクスター経由で繋がったプロデューサー(ベーシスト?)『TONY DRAKE』。90年代初頭再びデリックメイと出会い「TRANSMAT」、「New Electronica」ダブルネームでリリースされたアルバム。哀愁帯びた美しいサウンドが詰め込まれたアンビエント- ダウンテンポ作。(シンドウ)


SOLDOUT

『Todd Osborn』も多数リリースしているデトロイトの『THROW』99年リリース。ゲトいビート上でピッチシフトしたヘロヘロの声で「We Can Make Sandwiches~」と歌い?散らしているA1「Sandwiches」。「DOORS」の「Light My Fire』を読み上げソフトに歌わせるファニーなB1「Light My Fire (1999 Future Mix)」全うにカッコイイエレクトロのB2「Antimaterie Materie」と全溝おすすめ盤です。(シンドウ)



1,300円(内税)
『JOEY BETRLAM』96年リリース「Instant」のリミックス盤。Aサイドがオリジル、Bサイドには『PAUL JOHNSON』、『JUAN ATKINS』のリミックスを封入。ソリッドで無機質な音使いが気持ち悪い(良い意味で)B2「 Instant (Juan Atkins Remix)」がおすすめ(シンドウ)


1,200円(内税)
『MARK RYDER』と『DAVE LEE』こと『JOEY NEGRO』によるUKのダークなアシッドデュオ『M-D-Emm』88年リリース。こちらはラベル違いの89年再発盤になります。 (シンドウ)


SOLDOUT

デトロイト第二世代『STACY PULLEN』の『SILEN PHASE』名義のアルバム『 (The Theory Of)』から「Fire」と「Meditive Fusion」をリミックス。パン振りでハメてくるディープ路線の「Meditive Fusion (Kenny Larkin Mix)」がおすすめです。(シンドウ)(1995)





SOLDOUT

デトロイトアンダーグラウンドの「Trackmasta Lou」こと「LOU ROBINSON」を中心に80年代に形成されたテクノ集団「SCAN 7」95年リリース。フロアから奇声が聞こえてきそうな疾走グルーヴのAサイド「Password Soul」が特におすすめです。(1995)(シンドウ)


1,500円(内税)
URらしいド直球なタイトルのJEFF MILLS在籍時ハードコアなUR初期のアシッド〜レイヴ作。(シンドウ)


SOLDOUT

JEFF MILLS在籍時に残された、UR三部作の一つ「Nation 2 Nation」。全てのトラックがフロアをうねらせたといっても過言では無いのだろう、とんでもないデトロイトテクノ名盤。もちろんリアルタイムで無くとも、涙は逆流し、血が滾ります。(1991)




■最近チェックした商品

viewcart

カートを見る

other contents

コンディション表記

Link

For Overseas Customers

About Mole Music

Map

Mole Distro



■発送について
代引き、振込み共に10000円以上お買上げで送料無料、12000円以上お買い上げで送料+代引き手数料無料。詳しくはコチラをどうぞ。



■取り置きについて
通販と店頭引渡しの取り置きを始めました。取り置き開始から一ヶ月間の取り置きが可能です。送料や発送方法など、詳しくはコチラをどうぞ。



■新品 - 中古の表記について
新品の商品はタイトル横にマークが付いています。マークが付いていない商品は全て中古商品になります。中古商品のコンディションについてはコチラをどうぞ。



■クレジットカード決済について
通販でのクレジットカード決済が可能になりました。Visa、MasterCard、American Expressのロゴがあるすべてのクレジットカードに対応しています。詳しくはコチラをどうぞ。


FXHE OMAR-S

SEX TAGS

ACIDO

SUED

KLASSE

something

comatonse recordings

kdj moodymann

Underground Quality