Home - My account - Contact - Policy - Payment - Delivery - Terms - Blog - For Overseas Customers - Twitter

TOP > STL

STL

SOLDOUT

Stephan LaubnerことSTLが「The Early Tracks」に続き、2008年にPERLONからリリースした盤。レーベルは意識せずにいつものテンションで作った「Lost In Brown Eyes」はスリップダウンしそうなドラミングに、節の効いたトーンのシンセで淡々と。奇妙なフリークエンシーのシンセが差し込まれるモノトーンミニマル「Eroniffa's Brown Bird」、といつものSOMETHINGの塩梅をPERLON音質で楽しめます


SOLDOUT

STLの極私的音宇宙16番「Homespun Remedies」。初のスプリットと思いきや変名です。このあたり徹底してますね。マイナーコードのシンセと砕けた電子ピアノでフロートする「Still With Us」。明らかにジャックする対象を見失った、迷走アシッドハウス「Snapmode」。 SYNTHONIC MATTER名義での宅録フリージャズ?「What Happened To All That Noise?」も聴き応えあり


SOLDOUT

SMALLVILLE Compilation - STL - Tilman Tausendfreund - Lawrence - Christopher Rau


1,500円(内税)
OMETHINGのSTLとブルックリンVOODOO DOWNレーベルL'ESTASI DELL'OROの蜜月を再度演出したFLANEUR AUDIOのスバラシイリリース。STLサイドはCD「Unreleased Experimentals 2」にのみ収録されていた、バウンスするレトロファンク「Satisfied Bit」とアシッドブレイクビーツ「Hometown」を収録。L'ESTASI DELL'OROの直線グルーヴが猥雑音響と絡み合うディープテクノ。どこに針を落としても刺激的


SOLDOUT

グッドにもマッドにも位置付け不能なハウスをクリエイトするSTL博士によるアルバムがSMALLVILLEからリリース。ブレたシーケンス、荒れた音像、モノトーンを彷彿させるメロディーには、「Silent State」以降のサムシングが。STEFAN MARXのアートワークとの親和性にもグッ


SOLDOUT

STLの音宇宙24番。シカゴオールドスクールハウス/デトロイトビートダウンの脈を咀嚼しながら、独自のグレートーンとアナログ全快のうねりに落とし込んだサムシングハウス。A、Bサイド共にお馴染みロックドグルーヴを収録。この方、音はブレていますが、サウンドのベクトルに恐ろしいほどブレが無い。当店はB1のミュータントアシッド「Knowledge」に痺れました


SOLDOUT

「Rainwalker」を感じさせるStefan MarxのアートワークがSTLファンのツボを付くSMALLVILLEレーベルからのリリース。SMALLVILLEからのリリースはRAW & LOWな音像をクリアにマスタリングにしているので、いつもと違ったSTLの肌触りが楽しめますね


SOLDOUT

SOMETHING博士Stephan LaubnerことSTLによるヴァイナル・シリーズ第9弾。SOMETHING作品の中では、安定してるグルーヴ?(NICK THE RECORDもプレイしてたりします)のパーカッションビートとカレイドスコープのようなスペーストーン・シンセが渦巻く「Space Warriors」。RAW & LOW HOUSE「Walk With Me」。


SOLDOUT

広大な宇宙に孤独なFO。サムシングハウストラックをクリエイトする孤高の人、STLによるアルバム。ポスト・ビートダウン、オールド・シカゴ影響下なのは確かなのですが、カテゴライズすればするほど実質がぼやけていくような、オリジナリティ溢れるサウンド。やはりフォーマットでは括りきれない、トーンとグルーヴを持つ数少ないアーティストの一人だと思います。剥き出しの音像にクラクラきます


SOLDOUT

Stephan Laubner a.k.a STLによる実験場、SOMETHING第6弾。シカゴハウス、デトロイト・ビートダウンの骨組みを咀嚼して、自身のグレートーンとグルーヴに落し込んだマニアックなサウンド。初期カタログは最近のリリースより、曇りきった音像。サムシングショップでも売り切れなので、中古盤でどうぞ


1,800円(内税)
Stephan Laubner a.k.a STLによる実験場、SOMETHING第2弾。シカゴハウス、デトロイト・ビートダウンの骨組みを咀嚼して、自身のグレートーンとグルーヴに落し込んだマニアックなサウンド。初期カタログは最近のリリースより、曇った音像です。「QRZ」は独断場のRAW & LOWなアシッドグルーヴ。SOMETHINGお馴染みのロックドグルーヴは30本収録されています


SOLDOUT

Stephan Laubner a.k.a STLによる実験場、SOMETHING第3弾。シカゴハウス、デトロイト・ビートダウンの骨組みを咀嚼して、自身のグレートーンとグルーヴに落し込んだマニアックなサウンド。初期カタログは最近のリリースより、曇りきった音像。LTD500で出回ったカラーヴァイナル・アルバム。今となっては、なかなか見つからないサムシング盤


1,800円(内税)
Stephan Laubner a.k.a STLによる実験場、SOMETHING第2弾。シカゴハウス、デトロイト・ビートダウンの骨組みを咀嚼して、自身のグレートーンとグルーヴに落し込んだマニアックなサウンド。初期カタログは最近のリリースより、曇った音像です。「QRZ」は独断場のRAW & LOWなアシッドグルーヴ。SOMETHINGお馴染みのロックドグルーヴは30本収録されています


1,800円(内税)
Stephan LaubnerことSTLによるヴァイナル・シリーズ第11弾。確信犯の剥き出しでスカスカのビートに、狂フリークエンシーのシンセが暴れてる「Wasabi Flavoured」が強烈な盤。スローモーに宇宙を描く「Vintage Hunter」、珍しくB2にはリミックスを収録しています、Stephen Hitchellによる実験ダブテクノ。echospace一派との接触が多かった、この時期に「Dub Techno Explorations」がリリースされているのも興味深い流れ


SOLDOUT

13番といえばこの盤、STL a.k.a STEPHAN LAUBNER初期作品の中でも尖度絶好調な「Portside Waves」。粒子浮き立つシンセの波がダイナミックな起伏を生み出すサーフェイステンション・ミニマル。BサイドにはDandy Jack, Ricardo VillalobosのユニットRic Y Martin。HIGHLY RECOMMEND。1stプレスで入荷しました



1,750円(内税)
SOMETHING 26



SOLDOUT

STLの音宇宙17番。マシーンの不具合が起こすグルーヴを愉しむような「Mindbender」。ボトムダウンするビートに執拗なマイナーコードがループする「Blood, Sweat And Tears」。珍しくヴォイスサンプルを使用、シンセのフレーズも少しポジティブに聴こえる「Sweet Dreams」





■最近チェックした商品

viewcart

カートを見る

other contents

コンディション表記

Link

For Overseas Customers

About Mole Music

Map

Mole Distro



■発送について
代引き、振込み共に10000円以上お買上げで送料無料、12000円以上お買い上げで送料+代引き手数料無料。詳しくはコチラをどうぞ。



■取り置きについて
通販と店頭引渡しの取り置きを始めました。取り置き開始から一ヶ月間の取り置きが可能です。送料や発送方法など、詳しくはコチラをどうぞ。



■新品 - 中古の表記について
新品の商品はタイトル横にマークが付いています。マークが付いていない商品は全て中古商品になります。中古商品のコンディションについてはコチラをどうぞ。



■クレジットカード決済について
通販でのクレジットカード決済が可能になりました。Visa、MasterCard、American Expressのロゴがあるすべてのクレジットカードに対応しています。詳しくはコチラをどうぞ。


FXHE OMAR-S

SEX TAGS

ACIDO

SUED

KLASSE

something

comatonse recordings

kdj moodymann

Underground Quality