Home - My account - Contact - Policy - Payment - Delivery - Terms - Blog - For Overseas Customers - Sweet

TOP > MOODYMANN

MOODYMANN

1,400円(内税)
数々のデトロイト産の作品に参加、AMP FIDDLERに続く才能としてデビューした、ヴォーカリストRANDOLPHが2004年にMAHOGANIからリリースしたデビューEP。少しよれた歌声。アコースティックを前面に押し出したトラックも、心地よろしなディープハウスです。ALTON MILLERがお好きな方も要チェック。(2004)


SOLDOUT

MAHOGANIキャンプのコンピ。後にリミックスもリリースされますが、やはりオリジナルが素晴らしい 故 Aaron Carlによる「Sky」。ブーストギリギリのキック、劇的に上昇していくシンセとSEに導かれるヴォーカルが、なんとも沁みるハウス・ロマンチカ。SHANNON HARRISのURBANICITYからリリースされていた「Everything」。AMP FIDDLERに続く、DetroitヴォーカリストPAUL RANDOLPHの「Idle Time」を収録しています。(2005)


SOLDOUT

不機嫌な男、久々にアルバムを中古盤で入荷できました。最近も素晴らしいリリースが色々ありますが、なかなか入荷ができず、当店も不機嫌に追っかけています。聴けばKDJとわかる猥雑で蠱惑的なソウル表現はP-FUNKの土俵に立ちながら、既に当店のプリンス枠にまで達しており、成層圏を突き抜ける勢いで背伸びをしながら聴き続けていきたいディープなソウル/ハウスアルバム (2014)


3,500円(内税)
PEACEFROGからリリースされたMOODYMANN 2nd。A1に針を落とすと、地元のラジオをザッピング & コラージュ、すでに不機嫌な男の世界。キッズヴォイスの「Sunshine」、NORMA JEAN BELLの蠱惑的サックスが響き渡る「M.E.A.N.D.N.J.B」。シングルよりクールなトーンでミニマルに展開する「Mahogany Brown」。ラストには教会でのサンプリング、狂騒のゴスペルハウス「Black Sunday」で最も直情的な表現に突入。やっぱり不機嫌な男なのでした。(1998)


1,500円(内税)
'03年リリースのアルバム「Silence In The Secret Garden」収録「Sweet Yesterday」シングルカット。アコースティックを多く取り入れてる時期。自身のヴォーカル・コラージュも艶かしい。深い夜を艶やかに彩るディープハウス


SOLDOUT

デトロイトのレジェンド・パーティーMusic Institute20周年のトリビュート/アニバーサリーシリーズ第3弾。TBのグルーヴがプロトアシッドハウスともいえるイタロディスコ古典「Problemes D’Amour」をMOODYMANNがリミックス。グルーヴはそのままにカット&ペーストやエフェクトで微細なエディット加えた、オリジナルへの愛情が伺えるリミックスとなっております。(2011)


SOLDOUT

ガレージ・パンク・ファンなら知る人ぞ知るGORIESのMICK COLLINSによるバンドTHE DIRTBOMBSとVoltaire BrothersがデトロイトコネクションでMAHOGANIからリリースされたという2007年リリースの怪盤。MOTOWNやCURTOM名作をカヴァーしたアルバム「Ultraglide In Black」からのカットでCURTISの「Kung Fu」を熱の篭ったダビーファンクにカヴァーしています。見逃されがちな「Runaway」の未発表バージョンも収録。(2007)


SOLDOUT

MIKE GRANTが主宰するMOODS & GROOVESレーベルのクラシックをカップリングした盤、第4弾。QUINCY JONESが担当したサントラ「Roots」からサンプリングしたMOODYMANN。Bサイドでは現在のトラックよりもRAW & LOWな90's RICK WADEを楽しめます。(2014)


SOLDOUT

KDJカタログの中でも屈指の名盤。EUMIR DEODATO「Whistle Bump」をサンプリング。フュージョンサンプリングをファンキーでひねたエディットでMOODY印のDet Houseに。後半にはNORMA JEAN BELLのサックスも飛び出し、ガヤ声に煽られるように魅惑的なセッションがはじまります


SOLDOUT

NORMA JEAN BELLの歌声とサックスに子供の声や鳥の鳴き声がタイトル通りのイメージでコラージュされた「Sunday Morning」はKDJからのリリースとヴァージョン違い、猥雑さの中にも温かみのあるデトロイトハウス金字塔。MOODY TECHNO「Track Four」もお聴き逃しなく。(1998)


SOLDOUT

SLUM VILLAGEのDJにしてMAHOGANIキャンプの重要アーティスト、3CHAIRS周辺アーティスト作品への参加など、現在デトロイトで生み出される音楽のキーパーソンANDRESセカンドアルバムからのヴァイナルカット第1弾。極めてシンプルな機材環境で作られる、剥き出しのビートはジャズ、ソウル、ファンク、ラテン、アフロビート etc 彼の生活を彩るのであろう、あらゆる音楽の断片をMPCに詰め込み再構築したもの。その生々しさは泥臭くも豊かな物語に溢れております。(2009)


SOLDOUT

96年リリースKDJの6番。「I Can't Kick This Feeling When It Hits」をワンサイドプレスでリリースした2001年リリース盤。CHIC「I Want Your Love」のサンプルが執拗かつ淫猥にループ。じわじわと開閉を繰り返すフィルターを通して、徐々に底から音の渦が蒸れはじめ、気付けば湿地帯。ほぼワンループの微細な変化で、ここまで腰にくるグルーヴをつくれるんだと、痛く感動します。デトロイトハウス金字塔。B/W 「Music People」


SOLDOUT

ガレージ・パンク・ファンなら知る人ぞ知るGORIESのMICK COLLINSとMOODYMANNがデトロイトコネクションでタッグを組んだ、驚愕盤。マッドな遊び心を感じるマシーンファンクセッション。RAWで痺れます。この盤には関係ないんですけど、映像はGORIES「Ghostrider」。(2008)


SOLDOUT

SLUM VILLAGEのDJにしてMAHOGANIの重要アーティスト、3CHAIRS周辺アーティスト作品への参加など、現在デトロイトで生み出される音楽のキーパーソンの一人ANDRES。M.J「Rock With You」とLEON WARE「Why I Came To California」×THE JACKSONS「Blame It On The Boogie」で作られた至高のパーティービーツ。粋なトラックです。(2011)


SOLDOUT

デトロイトハウス/テクノミュージックシーンの根城となっているRICK WILHITE(3 CHAIRS)によるレコード・ショップVIBESが監修したコンピレーション。デトロイト、シカゴ、ニューヨークをジャックで繋ぐイラストが示す通り、各地のディープハウスが集っています。「Music is the Key of Life,Dancing is the Way of the World!」RICK WILHITE(2014)


SOLDOUT

聴けばKDJとわかる猥雑で蠱惑的なソウル表現はP-FUNKの土俵に立ちながら、既に当店のプリンス枠にまで達しており、背伸びをしながら聴き続けていきたいディープなソウル/ハウスアルバム「Moodymann」。アルバムに収録されていたファンカデリックのカヴァー「Sloppy Cosmic」のアナザーヴァージョン、Bサイドには新曲となる黒艶ディープハウス「Hangover」。(2014)


SOLDOUT

デトロイトの不機嫌な男の初期カタログ。Curtis MayfieldやBionic Boogieなどブラックミュージックから抽出されたサムシングを「変わりゆく同じもの」としてハウスミュージックに落とし込んだ傑作。もう20年以上経っていますが、錆びれないディープネスとは正にこのこと。ハウスの黒を知るには決して外せない盤です。2000年リリースのドイツ盤。(2000)


SOLDOUT

再起動したデトロイトのモンスターユニットURBAN TRIBEがMAHOGANIからリリースしたシングル。古くはMOWAXからの「The Collapse Of Modern Culture」のリリースがある、Sherard Ingramが再び、Anthony Shakir、Carl CraigそしてKDJ、デトロイトの都市種族と共にマシーンファンクを叩き出しています。B2にはKDJが313を連呼するRIOT ELECTRO。A1の音数を絞り込んだエレクトロ・ダブトラックがMAD。(2010)


SOLDOUT

1967年にデトロイトで起こった暴動をテーマに制作した08年作「Det.riot 67」冒頭曲のシングルカット。蠱惑的アシッドファンク「Freeki Mutha F cker」のオリジナルに加えてJUAN ATKINSとEGYPTIAN LOVER、オリジネーター二人のリミックスを収録したすんごい盤


SOLDOUT

10代でThe Lyman Woodard Organizationに参加してた、驚きの経歴の持ち主、デトロイトで若くから活躍するサックス奏者NORMA JEAN BELLによるハウス・プロジェクトPANDAMONIUM。もちろんプロデュースはMOODYMANN。朝方にフロアに立ち上がる、こんなセクシーな黒煙で黙々と踊りたい。(2007)




■最近チェックした商品

viewcart

カートを見る

other contents

コンディション表記

Link

For Overseas Customers

About Mole Music

Map

Mole Distro



■発送について
12000円以上お買い上げで送料+手数料無料。詳しくはコチラをどうぞ。



■取り置きについて
通販と店頭引渡しの取り置きを始めました。取り置き開始から一ヶ月間の取り置きが可能です。送料や発送方法など、詳しくはコチラをどうぞ。



■新品 - 中古の表記について
新品の商品はタイトル横にマークが付いています。マークが付いていない商品は全て中古商品になります。中古商品のコンディションについてはコチラをどうぞ。



■クレジットカード決済について
通販でのクレジットカード決済が可能になりました。Visa、MasterCard、American Expressのロゴがあるすべてのクレジットカードに対応しています。詳しくはコチラをどうぞ。


FXHE OMAR-S

7DAYSENT

TREASURE BOX

ROKOTSUNA MUSIC

NNN

something

comatonse recordings

kdj moodymann

Underground Quality


ENBAN


SMOOTH

ind_fris