Home - My account - Contact - Policy - Payment - Delivery - Terms - Blog - For Overseas Customers - Twitter

TOP > Other Mole Music > ジル・ドゥルーズ - 狂人の二つの体制 1983-1995

ジル・ドゥルーズ - 狂人の二つの体制 1983-1995




LABEL - 河出書房新社(JAPON)
FORMAT - BOOK
盤質:EX- ジャケット:EX-

「短いテクストのなかでドゥルーズは、「概念」から、言葉とイメージの分離に、この分離による「抵抗」に、そして抵抗する主体としての「民衆」へとすばやく線を引いている。ドゥルーズは映画に触れているときも、あるいは管理社会という新たな権力の形態を素描したときも、哲学から映画に、映画から抵抗に、という脈絡に、ここまで鮮明に見える線を引いたことはないのだ。そのように見えなかった関係付けの線を(アレジメントを)この本を含む4冊のテクスト集成に、私たちは新たに発見するかもしれない。「抵抗」と「民衆」という主題に、いかに新しい方向から生気が吹き込まれたか、そのことから私たちはドゥルーズの思想とほとんど同じひろがりをもつ彼の政治学を再定義し、彼の著作を読み直すこともできるはずである。そしてドゥルーズの最後の問題が、「友情」であったことは『哲学とは何か』の冒頭にも表明されていたとおりである。もちろんそれは、ガタリとのあいだの、そして知られざる書簡の印象的なやり取りに見られるディオニス・マスコロとの、学生であった若い研究者たちとの友情にも影を落としている。決して師であろうとせず、友情を原則とする思考の関係のあり方は、それと明示されることがないときも、ドゥルーズが決して手放そうとしない主題であった。そのことが、いたるところで示唆されている」(2004)

『ニーチェと哲学』アメリカ版への序文/『シネマ』第一巻、封切り/観客としての哲学者の肖像/今日の平和主義(ジャン=ピエール・バンベルジェとともに)/六八年五月「革命」は起こらなかった/宇野への手紙―いかに複数で書いたか(フェリックス・ガタリとともに)/ヤーセル・アラファトの偉大/ミシェル・フーコーの基本的概念について/内在性の浜辺/彼は群groupeの中のひとつの星だった/『運動イメージ』アメリカ版への序文/フーコーと監獄/脳、それはスクリーンだ/計算せずに占有するーブーレーズ、プルーストと時間/『差異と反復』アメリカ版への序文/『対話』アメリカ版への序文/『千のプラトー』イタリア語版への序文/創造行為とは何か/声がテクストにもたらすもの…/ディオニオス・マスコロとの往復書簡/石たち/『ベルクソンへの回帰』アメリカ版のための後書き/装置とは何か/主体についての質問への答/『時間イメージ』アメリカ版への序文/リヴェットの三つの環/紛糾/ジャン=クレ・マルタンへの手紙ー序文/『経験論と主体性』アメリカ版への序文/序文ー新しい文体論/序文ー時間の足取り/汚ならしい戦争(ルネ・シェレールとともに)/われわれはいっしょにリトルネロを発案した(フェリックス・カダリとともに)/フェリックスのために/内在ーひとつの生…/あとがき


型番 978-4-309-24311-5
販売価格 3,100円(内税)
購入数


Share


■最近チェックした商品

viewcart

カートを見る

other contents

コンディション表記

Link

For Overseas Customers

About Mole Music

Map

Mole Distro



■発送について
12000円以上お買い上げで送料+手数料無料。詳しくはコチラをどうぞ。



■取り置きについて
通販と店頭引渡しの取り置きを始めました。取り置き開始から一ヶ月間の取り置きが可能です。送料や発送方法など、詳しくはコチラをどうぞ。



■新品 - 中古の表記について
新品の商品はタイトル横にマークが付いています。マークが付いていない商品は全て中古商品になります。中古商品のコンディションについてはコチラをどうぞ。



■クレジットカード決済について
通販でのクレジットカード決済が可能になりました。Visa、MasterCard、American Expressのロゴがあるすべてのクレジットカードに対応しています。詳しくはコチラをどうぞ。


FXHE OMAR-S

7DAYSENT

TREASURE BOX

ROKOTSUNA MUSIC

NNN

something

comatonse recordings

kdj moodymann

Underground Quality


ENBAN


SMOOTH