Home - My account - Contact - Policy - Payment - Delivery - Terms - Blog - For Overseas Customers - Twitter

TOP > House / Techno

House / Techno

2,650円(内税)
ミントはT.R.M. HOWARD、クレイはJOHN LEWIS。アメリカ出身、東京在住の音楽家、ライター、写真家、セルフリリースを合わせると膨大な量のアンビエント作品を残しているCELERことWILL LONGのアルバムがTERRE THAMLITZのレーベルCOMATONSEからリリース。過ぎ去っていく順序に何かを感じてしまう、サウンドスケープとしてのディープハウスは微細な差異と反復で流れていきます。全てのトラックをDJ SPRINKLESがリミックス。(2016)


2,650円(内税)
紫はJESSE JACKSON、青はH.RAP BROWN。アメリカ出身、東京在住の音楽家、ライター、写真家、セルフリリースを合わせると膨大な量のアンビエント作品を残しているCELERことWILL LONGのアルバムがTERRE THAMLITZのレーベルCOMATONSEからリリース。過ぎ去っていく順序に何かを感じてしまう、サウンドスケープとしてのディープハウスは微細な差異と反復で流れていきます。全てのトラックをDJ SPRINKLESがリミックス。(2016)


1,650円(内税)
「Useless Movement」(無益な運動)のアナログシングル盤。ベルギーを拠点とするサイバーフェミニストのローレンス・ラッセルが運営するショー(ドイツの公営ラジオ)に、トランスジェンダーであるTERRE THAEMLITZが2005年に登場したときに放送が妨害されたそう。そのディスカッションをディープハウスとして再構築したもの。「無益な運動」と名付けられたトラックがフィジカルになることで、物悲しさを感じる空間構築の中から逆説的にサムシングを感じることができるディープハウス


2,800円(内税)
DEUTSCHE GRAMMOPHONに残された、カラヤン指揮によるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の黄金時代の録音を、テクノ、エレクトロニクス・ミュージックのリヴィング・レジェンドCARL CRAIGとMORITZ VON OSWALDがリ・コンポーズ。原曲のレイヤーがミニマルにじわじわと展開していく、2部構成の組曲。キックの音は木管楽器のサンプリングだそう。ベースにはECMからMARC MUELLBAUERが参加し、CARL CRAIGらしいシンセとMAURIZIOのダブ処理も随所で楽しめます。


1,200円(内税)
WORKSHOPの10番に参加していたRON DEACONの2010年リリース。Aサイドのディープな『LOWTEC』リミックスがオススメ。(2010)(シンドウ)


1,200円(内税)
BERGHAIN、HARDWAX周辺のテクノ愛好家に支持されているLA発の地下テクノレーベル「HISTORIA Y VIOLENCIA 」からレーベルオーナー「SANTIAGO SALAZAR」とベテラン「DAVID ALVARADO」のスプリット。オススメはなんといってもCARL CRAIG「At Les」ネタのB1。美しいウワ音とブリーピーに蠢くシンセが頭と体にバッチリ響いてくれます。(シンドウ)


SOLDOUT

2005年にBINGO SOULからリリースされたシカゴの『ROY DAVIS JR』によるメローなジャズフィーリング感じるシカゴディープハウス(2005) (シンドウ)


1,500円(内税)
ブカレストを拠点とするルーマニアのDJ&プロデューサーEINZIGがロシアのモダンハウスレーベルBODY PARTS VINYLから2014年にリリースしたミニマルモダンハウス。 (2014)


SOLDOUT

ベルリンが生んだミニマルダンスミュージックの不確定要素SLEEPARCHIVE。JEFF MILLSもしくはフィンランドのSAHKOレーベルを彷彿とさせるスタイルにナードなサムシングが加わったミニマルテクノ。ピコピコと歪曲信号が明滅し、脳裏に非人称化された情景を現出させる?メガロマニアのマスターピース。「Radio Transmission」は骨テクノが好きな方もいけるのでは無いでしょうか



SOLDOUT

『THE ORB』が『BBC RADIO 1』の人気プログラム「PEEL SESSION」の為に録音した96年リリース。パットメセニーとライヒによる名盤『Electric Counterpoint』の「 Fast Movement - Part 3」サンプルが印象的なA1「OOBE」が特にオススメです。(1996)



SOLDOUT

スウェーデンを代表するB-Boy、DJとして長らくヨーロッパ・シーンを牽引するMAD MATSが『BBE』とタッグを組んでコンピレーションをリリース。ジャンルレスに集められた極上コンピレーション。(2017)


1,200円(内税)
アルゼンチンの即興音楽家Jean-Marc FoussatとSVN、Dynamo Dreesenが2014年にパリで行ったレコーディングセッション。(2015)


1,500円(内税)
SOMETHING博士Stephan LaubnerことSTLがPELONからリリースした「The Early Tracks」。軋むビートに弄っても先がみえないノイズと電子音の嵐「Purple Saturn Days」は初期作品ながら、エクスペリメンタル・テクノの極北。BサイドではSTLの実験ハウスをPERLON音質で楽しむことができます。STL作品の中でも尖度絶好調なマスターピース。REPRESS。(2006)



SOLDOUT

90年代中期から始動した名門VERSATILEレーベルのクラシック再発盤。主宰DJ GILB-Rによる変名CHEEKの「Venus」を同郷アーティストがリミックスしています。シンセが渦巻くPepe Bradock節のディープハウスからBRASS CONSTRUCTIONのサンプリングが飛び出し、ディスコグルーヴへと移行するA1。タフなビートにトリッキーなリバース等のギミックでグルーヴするDJ GREGORY。思い切ってオリジナルのサンプリングを差し替えたI:CUBEも粋であります。(2009)


SOLDOUT

NRKが2000年〜2009年の間にリリースしたハウスの中からレーベルお気に入りの3曲を収録したコンピレーション。このトラックが作られた逸話も含めて、フロアを煽るカウベルの音色がサイコーが過ぎるKERRI CHANDLERの「Bar A Thym」を始め、何年経ってもフロアで活躍するトラックをしっかり収録しています。(2009)


SOLDOUT

カナダのMATHEW JONSON主宰WAGON REPAIRレーベル。THE MOLEが参加していないCOBBLESTONE JAZZ作品で最もブギーなトラックでは。手数が多いのに隙が無い、粘着質なベースラインと後半の鍵盤でピークを迎えるマッドエフェクトのディープテクノ。「Dump Truck」に気を取られがちですが、Bサイドも注目な盤。(2006)


1,200円(内税)
I Can't Fight The Feeling




■最近チェックした商品

viewcart

カートを見る

other contents

コンディション表記

Link

For Overseas Customers

About Mole Music

Map

Mole Distro



■発送について
代引き、振込み共に10000円以上お買上げで送料無料、12000円以上お買い上げで送料+代引き手数料無料。詳しくはコチラをどうぞ。



■取り置きについて
通販と店頭引渡しの取り置きを始めました。取り置き開始から一ヶ月間の取り置きが可能です。送料や発送方法など、詳しくはコチラをどうぞ。



■新品 - 中古の表記について
新品の商品はタイトル横にマークが付いています。マークが付いていない商品は全て中古商品になります。中古商品のコンディションについてはコチラをどうぞ。



■クレジットカード決済について
通販でのクレジットカード決済が可能になりました。Visa、MasterCard、American Expressのロゴがあるすべてのクレジットカードに対応しています。詳しくはコチラをどうぞ。


FXHE OMAR-S

SEX TAGS

ACIDO

SUED

KLASSE

something

comatonse recordings

kdj moodymann

Underground Quality