Home - My account - Contact - Policy - Payment - Delivery - Terms - Blog - For Overseas Customers - Twitter

TOP > House / Techno

House / Techno

SOLDOUT

ジャーマンエレクトロニックハウスの雄MOVE Dがポストデトロイトビートダウン/ハウス経由で新たなグルーヴを獲得したPHILPOTレーベルからリリースした推薦盤。ポリリズミックに空間を構築する「Got Thing」やポストデトロイトハウスグルーヴをMOVE Dの音響で再現したBサイド、聴き踊り応えのある3TRAX。(2007)


2,300円(内税)
YOREレコードの運営を開始してから、クリックを離れてズッポシとハウスに傾倒しているANDY VAZ、2015年にリリースしたアルバム、その名も「House Warming」。ヴォーカリストにEva Soul、MEMBERS OS THE HOUSEのメンバーでもあるデトロイトのクリエイター、親交の深いNIKO MARKSが参加。ひたすら柔らかい艶音に拘ったディープハウス、これはUSハウス贅も驚きの艶でしょう。(2015)


SOLDOUT

UKの名門ハウスレーベルPAPER RECORDINGSの初期カタログ。PAPERのディスコサイドらしいNU HOUSEの要素のつよいハウストラック。70's UK UNDERGROUND DISCO/DISCO FUNKの影響も感じられますね。気持ちよく踊れそう。(1996)


SOLDOUT

UKの名門ハウスレーベルPAPER RECORDINGS、当店のリスペクトするUKのレイヴ集団「DiY」のメンバーでもあり現在は川崎在住のMAX BRUCEことMAX ESSA。ハードコアな現場を潜り抜けてきたからこそ出せる、オルタナティブなブギーグルーヴを纏ったUKディープハウス。(2001)


SOLDOUT

ノルウェーのSET TAGS MANIA傘下SEX TEGS UFOよりオルタナハウス/エレクトリックダブの玄人Bjorn Torske変名KRIPS名義でのリリース。ハイテック感があまり無いところがツボ。エグミのあるRAWなカットアップコラージュハウス「Truckstomp」。「Lovestomp」はTHE CRUSADERS「My Lady」を使用、ひねてるけどフロアに直球で届きそうな痛快ディスコハウス。当店も愛するトラックを作り続けた、EROTに捧げられたトラックだそう。1stプレス。(2012)



SOLDOUT

タイトル曲がリリース前から話題になっていた『Galcher Lustwerk』によるリリース。ジメッとした部分を残しつつの爽やか青春ディープハウスのAサイド。A2のダブバージョンはリムが歌っています。シンセがFXHEっぽいB2「Cricket's Theme」もオツ。(2015)(シンドウ)



SOLDOUT

NYのハウスシンガー『COLONEL ABRAMS』95年リリース。2011年にFXHEからリリースされた本の背表紙ジャケ『OMAR S PRESENTS COLONEL ABRAMS - Who Wrote The Rules Of Love』ではOMAR Sとコラボレーションしていましたね。(シンドウ) (1995)



SOLDOUT

UKはノッティンガムのレイヴ集団DiY創設メンバーの一人『SIMON DK』によるクリミナルジャスティス前夜の93年リリース。この頃からすでにビートがソワソワ走ってます。レイブ仕様なガラージハウスのオリジナルAサイド。BサイドのリミックスはSINEこと我らが『CHARLES WEBSTER』。ソワソワディープに仕立て上げてます(シンドウ)


SOLDOUT

90年代初期から活動するシカゴサウスサイドのプロデューサー「CZR」が地元シカゴのボーカリスト「DARRYL PANDY」(JACK MASTER FUNK,JESSIE SAUNDERS,VINCE LAWRENCEが手がけた86年リリース『Love Can't Turn Around』のボーカルも担当)をボーカルに迎えた99年作。DONNA SUMMERの「Spring Affair」のフレーズを引用したファンキーなサンプリングハウス。(1999)(シンドウ)


1,200円(内税)
あっ、CLUB HOUSEでは無く、CABIN FEVERでお馴染みのREKIDSアンオフィシャル?サブレーベルRKDSです。MFSB「Love Is The Message」が執拗にループする粘着ベースラインのフィルタードディスコハウス。絶妙なハイハットの抜き差しにもグッとくるミニマルハウスグルーヴ


SOLDOUT

MAURICE FULTONのリリースでもお馴染み注射器ラベルのUKのTRANS FUSION初期リリース。艶やかなギターに歌うエレピがフュージョン"ディープ”ハウスのB1「Spring In My Step」、乾いたキックハットクラップ、アルペジエイター、歌い上げるキーボードで構成されたディープハウストラックのB2「Moonlight Robbery」がオススメ。(シンドウ)(1997)


1,300円(内税)
MAURICE FULTONのリリースでもお馴染み注射器ラベルの良質UKハウスレーベル「TRANSFUSION」、FUTURE JAZZとDEEP HOUSEが邂逅していた時期の名作「Neil Cowley and Fraser Dodd」による「West Of Motebe」。当時様々なコンピに入っていましたね。こちらは西ロンからRestless Soulリミックス入り。(2015)


1,300円(内税)
KAITO名義でお馴染みのHiroshi Watanabeのアナザーサイド、Takehiko Kitaharaとタッグを組んだTREAD。KAITO名義では屈託無く上昇していく、テクノの印象ですが、この名義ではディープハウスにアプローチしています。レイドバックしたドラムシーケンスに、様々な音色の鍵盤を加えていき、丁寧にウワ音を編み上げていきます。この名義でLARRY HEARDと共鳴したというのも納得。(2015)


1,500円(内税)
Juzu a.k.a. Moochy - Counterpoint EP.1 (2015)


1,500円(内税)
Juzu a.k.a. Moochy (Kuniyuki RMX) (2011)


SOLDOUT

ITISWHATITISでポストデトロイトテクノサウンドを打ち出していたMATHEW JONSON、PHILPOTからの「Motorsoul Vol. 1」でポストデトロイトビートダウンの新たな可能性を模索し始めたTHE MOLE、カナダで活躍する二人が満を持してリリースしたスプリット。マシーンドラムのメロディックエレクトロのサイドA、底に打ち付けるディジットビートダウンTHE MOLE。この時期から既に二人のスタイルは洗練されていました。(2004)


SOLDOUT

アフロビートのパイオニアTONY ALLEN、エレクトロニクスダンスミュージックとアフロの邂逅を逸早く進めていたフランスのCOMETレーベルからのリリース。サイケデリックまじないリミックスとアフロビートリミックスを収録。後のHONEST JONSの動きにも繋がる野心的なリリースです。もちろんカッコイイネス。(2002)




■最近チェックした商品

viewcart

カートを見る

other contents

コンディション表記

Link

For Overseas Customers

About Mole Music

Map

Mole Distro



■発送について
代引き、振込み共に10000円以上お買上げで送料無料、12000円以上お買い上げで送料+代引き手数料無料。詳しくはコチラをどうぞ。



■取り置きについて
通販と店頭引渡しの取り置きを始めました。取り置き開始から一ヶ月間の取り置きが可能です。送料や発送方法など、詳しくはコチラをどうぞ。



■新品 - 中古の表記について
新品の商品はタイトル横にマークが付いています。マークが付いていない商品は全て中古商品になります。中古商品のコンディションについてはコチラをどうぞ。



■クレジットカード決済について
通販でのクレジットカード決済が可能になりました。Visa、MasterCard、American Expressのロゴがあるすべてのクレジットカードに対応しています。詳しくはコチラをどうぞ。


FXHE OMAR-S

SEX TAGS

ACIDO

SUED

KLASSE

something

comatonse recordings

kdj moodymann

Underground Quality