Home - My account - Contact - Policy - Payment - Delivery - Terms - Blog - For Overseas Customers - Sweet

TOP > Detroit House / Techno

Detroit House / Techno

SOLDOUT

'04年 RICK WADEのHARMONIE PARKからのリリース「The Twin Cities EP」。THEO PARRISH節ファンクネス溢れる「The Twin Cities」は今尚ミックスやフロアでも聴くことが多いクラシックネス。ということで2013年にROBSOULからリマスタリングプレスされましたね。(2004)


2,100円(内税)
SOUND SIGNATURE - SS011 (2001)


SOLDOUT

アナログは残念ながらほとんど出回らなかった、THEO PARRISHのアルバム「Sketches」のCDに収録されていたジットリ渦巻くRAW FUNK「Feel Free To Be Who You Need To Be」。Duminie DePorresのギターをフィートしたエレクトロニック・フュージョン「360@1:29on696」。(2011)


SOLDOUT

97年にKDJからリリースされた「Took Me All The Way Back」。2008年にSOUND SIGNATUREから再発されましたが、KDJ盤でリプレス。THEO PARRISHが沸点を迎える、あの瞬間がフラッシュバックするエクストリームハウス。音質はさしてかわらず極悪そのもの。この音像がこの盤の持ち味だと思います。 (1997)


SOLDOUT

THE ROTATING ASSENMBLYのメンバーであるトランペット奏者John Douglasとベース奏者Trent Mitchellが参加。初期SSの特徴である張り詰めた緊張感とTHE ROTATING ASSENMBLYのアコースティックの包容感が同居。ミニマルなピアノとクオンタイズを抑えたドラムを軸に、アコースティックが、クールなトーンで織り込まれていくブラックメンタルサウンド。(2015)


1,500円(内税)
SOUND SIGNATURE REPRESS。AOS a.k.a OMAR-Sとの共同制作「Space Station」二人で作ると、いつもより過剰にトバしにかかってる気がします。勢いのあるアシディック・ビートダウン。BサイドにはDANNY BANKSなるシンガーがマイクを握った「Going Through Changes」。「Chemistry」と同時期に制作されたと思われる粘り気のあるNU SOULです。ラベルのアートワークはTHEO PARRISH。(2009)


SOLDOUT

人気盤「Natural Aspirations」。Gichy Dan「On A Day Like Today」のキッズコーラス部分をサンプリングした「Friendly Children」、和やかなムードのサンプルとブーストギリギリの轟音キックが荒れてはブレるグルーヴに何度やられたことでしょうか。これぞSOUND SIGNATUREなローファイ・コラージュとマイナーコードで淡々と打ち付けるビートダウン「Timeislafinacharunninout」(2003)


SOLDOUT

かつては90年代Marc Pharaohとしてデトロイトハウス名門SOUL CITYや430 WESTからリリースしていたMarc Kingの新名義MARK KING(あんまり変わっていない)によるリリース。マシーンディスコグルーヴにポジティブな鍵盤がソウルシティを再浮上させる「Equality」。オーセンティックな90'sスタイルの「Loquacious」はとてもお世話になりたいトラック。そしてOMAR-Sがリミックスを手掛けた「Water Of Life」。(2015)


1,500円(内税)
独創的なファンクネスを持つミニマルを作り続けるOMAR-S、SHADOW RAY(存在しません。。)とのコラボプロジェクト。FXHE RE-STOCK。(2005)


1,500円(内税)
独創的なファンクネスを持つトラックを作り続けるOMAR-SとSHADOW RAY(存在しないそう。。)のコラボプロジェクトOASIS。現在のFXHEリリースにも通じるダーティー・エレクトロハウススタイルのA1。行き場の無いミュータントトラックB1も、フロアで聴いてみたいな。RAW & LOW HOUSE。エッチングは「Computor Programs Can't Get Dirty Like That Boy !!」 (2007)


SOLDOUT

OMAR-Sの従兄弟BIG STRICK、親子でリリースするレーベル7 DAYS ENT.から父BIG STRICKのリリース。FXHEと共にデトロイトローカルを愛する7 DAYS ENT.、当店推薦レーベルです。アシッド、エレクトロスタイルのデトロイトハウス、Aサイド「Detroit Domino」「Big Face Paper Chase」。手引きで物語る「Still Hustlin」にもグッときました。ここからしかでないだろう、313ファミリーの露骨なトラックス。(2020)


SOLDOUT

モータウンミニマルとの異名を持つ、モノトーンで独創的なファンクネスを持つミニマルを作り続けるOMAR-S。Aサイドから掴みどころのないJITで幕を開ける素敵なアルバムです。自宅の地下スタジオで爆音でつくられるというそのトラックはタフでファンクネス溢れるグルーヴ、荒さの中にも実験的な鳴りを聴かせてくれる質感、ともにオリジナル。この時期からOMAR-Sはナスティーなのかナードなのか全くわからなくて、大好きです。RE-STOCK


2,800円(内税)
デトロイトハウス/テクノミュージックシーンの根城となっているRICK WILHITE(3 CHAIRS)によるレコード・ショップVIBESが監修したコンピレーション。デトロイト、シカゴ、ニューヨークをジャックで繋ぐイラストが示す通り、各地のディープハウスが集っています。「Music is the Key of Life,Dancing is the Way of the World!」RICK WILHITE。(2014)


2,800円(内税)
デトロイトハウス/テクノミュージックシーンの根城となっているRICK WILHITE(3 CHAIRS)によるレコード・ショップVIBESが監修したコンピレーション。デトロイト、シカゴ、ニューヨークをジャックで繋ぐイラストが示す通り、各地のディープハウスが集いました。VIBES常連のデトロイト、シカゴベテラン勢に加えてBLAZEのJosh MilanやJOVONNなどNYのベテランが加わることにより、黒く重く湿ったハウスコンピとなっています。(2014)


SOLDOUT

デトロイトハウス黎明期から、ひたすらタフなハウスグルーヴを届けてくれるRICK WADEの過去音源、未発表音源を収録したEP。ハーモニーパークシリーズ第三弾。余談ですが、幼い頃に集めていたカードダスコレクションはRICK WADEに譲りました。また一緒に遊びたい。(2008)


SOLDOUT

SEVEN GRAND HOUSING AUTHORITY a.k.a TERRENCE PARKER、彼のゴスペルハウス・スタイルが既に完成されていた90年代中期を代表する作品の一つ。シンプルなベースライン、フロアを鼓舞するピアノ/オルガンとヴォーカル、歓喜のガヤサンプルをフロアに直球でお届け。TP来日時のDJがサイコーすぎて。膝から崩れ落ちたタイミングがあったんですが、「Love's Got Me High」だった気がします。たぶん。(1995)


SOLDOUT

CARL CRAIGのアトモスフェリック & ディープサイドのプロダクションが楽しめる「A Wonderful Life」。叙事詩的ミックスと釘打ったタイトルにブレは無し。末広がりな天体の音楽を満喫できるリミックスです。Bサイドには80年代にALLEZ ALLEZで活動していたSarah Gregoryがヴォーカルで参加した「As Time Goes By」を収録。こちらもスバラシイ。(2002)


SOLDOUT

FXHE BACK STOCK。わっ、なんだこの盤。Psychotic Photosynthesisは(Main MixとNo Drum Mix) 片面プレスを2枚に分けてのリリースだったんですが、この盤には両曲とも収録されています。調べても出てこなかったけど、再発はこの体裁で出回ってるのかな。とりあえずありがたい。高揚感を煽るようなシンセがそれまでには無いスタイルで、多方面から支持をされてる盤。(後日談、再発でした) (2007)


1,300円(内税)
チャイ・タウンの3丁目26番地から発信されたマシーン・ビートが、ジャズを師と、ファンクをプリーチャーと仰ぐモーター・シティの深い闇の中、赤褐色のソウルと惑星Eの電磁波に進むべき道を示し、猥雑にデフォルメされたディスコ・ミュージックには宇宙よりホーリー・ゴーストが降り立つ。2002年の出来事。(2002)


SOLDOUT

2006年パリで行われた「TE AUTOMN FESTIVAL」でのライヴ音源。CARL CRAIG「Twilight」「At Les」デトロイトテクノクラシックを演奏。トランペットは70's JAZZの証人Wendell Harrison、鍵盤はUR、Mad Mikeが参加。(2007)




■最近チェックした商品

viewcart

カートを見る

other contents

コンディション表記

Link

For Overseas Customers

About Mole Music

Map

Mole Distro



■発送について
12000円以上お買い上げで送料+手数料無料。詳しくはコチラをどうぞ。



■取り置きについて
通販と店頭引渡しの取り置きを始めました。取り置き開始から一ヶ月間の取り置きが可能です。送料や発送方法など、詳しくはコチラをどうぞ。



■新品 - 中古の表記について
新品の商品はタイトル横にマークが付いています。マークが付いていない商品は全て中古商品になります。中古商品のコンディションについてはコチラをどうぞ。



■クレジットカード決済について
通販でのクレジットカード決済が可能になりました。Visa、MasterCard、American Expressのロゴがあるすべてのクレジットカードに対応しています。詳しくはコチラをどうぞ。


FXHE OMAR-S

7DAYSENT

TREASURE BOX

ROKOTSUNA MUSIC

NNN

something

comatonse recordings

kdj moodymann

Underground Quality


ENBAN


SMOOTH

ind_fris