Home - My account - Contact - Policy - Payment - Delivery - Terms - Blog - For Overseas Customers - Twitter

TOP > Detroit House / Techno

Detroit House / Techno

SOLDOUT

デトロイトハウス/テクノミュージックシーンの根城となっているRICK WILHITE(3 CHAIRS)によるレコード・ショップVIBESが監修したコンピレーション。デトロイト、シカゴ、ニューヨークをジャックで繋ぐイラストが示す通り、各地のディープハウスが集っています。「Music is the Key of Life,Dancing is the Way of the World!」RICK WILHITE(2014)


SOLDOUT

聴けばKDJとわかる猥雑で蠱惑的なソウル表現はP-FUNKの土俵に立ちながら、既に当店のプリンス枠にまで達しており、背伸びをしながら聴き続けていきたいディープなソウル/ハウスアルバム「Moodymann」。アルバムに収録されていたファンカデリックのカヴァー「Sloppy Cosmic」のアナザーヴァージョン、Bサイドには新曲となる黒艶ディープハウス「Hangover」。(2014)


SOLDOUT

デトロイトテクノ・オリジネーターDERRICK MAYがプロデュース、カナダはトロントのアーティストGREG GOWがTRANSMATからリリース。TRANSMATの精神性を引き継いだポスト・デトロイトテクノ。フロアにしっかりと突き刺さります。昨今のアーティストで言えばAmir Alexanderが好きな方にもお薦めしたい一枚です。(2011)


SOLDOUT

2000年代初期にデトロイトのREGINALD CRAIGが運営していたセルフレーベルと思われるSOLO WORK。ホイッスルの下をアシッドベースが蠢くA1「Sittin' On Wet Grass」,ブリーピーなシンセがナイスなエレクトロB1「Water Mark」。情報少なめのデトロイトのテクノレーベル。(シンドウ)(2001)


SOLDOUT

RECLOOSEの1stシングル。移住前、まだデトロイト郊外で活動していた'98年リリース。B-BOY HOUSEなサンプリング中心のマシーンファンク。グイグイ腰にくるグルーヴ、「MYM230」はデトロイトハウスのマスターピース。Aサイドの「Dislocate」も今聴くとユニークなアイディアで溢れていますね。サンドイッチにデモを挟んでCARL CRAIGに渡したという有名な逸話通りのジャケもオモロです。(1998)


SOLDOUT

Planet E - DEEP HOUSE - CARL CRAIG EDIT (2000)


SOLDOUT

Theo Parrish - DJ Genesis - Tony Ollivierra Remixes。THEO PARRISH remixは自身のプレイやMIX-CDでも登場していた、執拗なリフレインに徐々に込み上げてくるDet-House名曲。今聴くとDJ GENESISのセルフリミックスもグッとくるなあ


SOLDOUT

Gichy Dan「On A Day Like Today」のキッズコーラス部分をサンプリングした「Friendly Children」、和やかなムードのサンプルとブーストギリギリの轟音キックが荒れてはブレるグルーヴに何度やられたことでしょうか。これぞSOUND SIGNATUREなローファイ・コラージュとマイナーコードで淡々と打ち付けるビートダウン「Timeislafinacharunninout」。こちらもピッチアップしてからの展開が相当捩れています。(2003)


SOLDOUT

デトロイトの不機嫌な男の初期カタログ。Curtis MayfieldやBionic Boogieなどブラックミュージックから抽出されたサムシングを「変わりゆく同じもの」としてハウスミュージックに落とし込んだ傑作。もう20年以上経っていますが、錆びれないディープネスとは正にこのこと。ハウスの黒を知るには決して外せない盤です。2000年リリースのドイツ盤。(2000)


1,500円(内税)
THEO PASRRISHとM.PITTMANのスプリット。アコースティックの有機的な響きと掛け合うノンクオンタイズで打ち込まれるドラムがRAWなグルーヴを生み出す傑作。M.PITTMANは元MEMBERS OF THE HOUSE、今でも活動を続けるBill Beaver a.k.a BILLY LOVEフィート


SOLDOUT

LUKE HESSとのユニットREFERENCEでもお馴染みBRIAN KAGEが単体でOMAR-SのFXHEからリリース。OMAR-Sも来日時にプレイしていたというFIRST CHOICE「It's Not Over」直球サンプリングのB1は夜の帝王感出ています。個人的にはオールドスクールな90'sテクノ志向なB2もツボりました。ジャケのデザインもナイスです。(2015)


SOLDOUT

90年代初頭からデトロイトでレーベル始動後、ブレないベクトルでリリースを続けているDerrick Thompson a.k.a DRIVETRAINのSOIREE。アシッドは歌でありトラックであり愛である。つまるところ3リミックスを収録しています。


1,200円(内税)


SOLDOUT

デトロイトから産まれるテクノとハウスの間に位置し、淡々とリリースを続けるベテランPATRICE SCOTT、この方も遂に1stアルバムをリリースしました。華麗な空間系シンセの中でドラムシーケンスがファンクするディープテクノ/ハウス。ときにセクシーに煌音、ときに猥雑さを感じさせる音が、こんなに丁寧なカタチで同居してグルーヴしているなんて驚きですね。(2015)


SOLDOUT

1988年にリリースされた知る人ぞ知るアシッドハウス名盤。流石にここまでは再発されないのでは。BGP盤は某サイトで5桁突入しましたね...。UK ACID HOUSEの中でもディープサイドを担う「Thin Line」は稀有な空間性を持ったディープアシッドです。B2収録のディスコも聴き逃しなく。(1988)


SOLDOUT

KENNY DIXON JR., RICK WILHITE, THEO PARRISH a.k.a 3 CHAIRS。セッション正式で繰り広げられる、噎せ返るようなグルーヴ。クオンタイズを絶妙に利用した、躍動感のあるリズムとハイコントラストなサンプリングでエグみのある闇を作り出しています。ブレのない存在感。(1998)




SOLDOUT

JUAN ATKINSによる『MODEL 500』96年リリース。イーブンキックのA2,B2もナイスですがド渋ドラムンベース『A1 - WAX DORCTOR Remix』、渋いゴンブトエレクトロビート上でドラマチックに展開していく『B1 - DAVE ANGEL REMIX』が特におすすめです。(2016)(シンドウ)


SOLDOUT

SLUM VILLAGEのDJにしてMAHOGANIの重要アーティスト、3CHAIRS周辺アーティスト作品への参加など、現在デトロイトで生み出される音楽のキーパーソンの一人ANDRES、自身のレーベルからの第4弾リリース。Mighty Tribe、デトロイト都市種族が生み出すタフなビートを堪能しましょう。(2016)




■最近チェックした商品

viewcart

カートを見る

other contents

コンディション表記

Link

For Overseas Customers

About Mole Music

Map

Mole Distro



■発送について
12000円以上お買い上げで送料+手数料無料。詳しくはコチラをどうぞ。



■取り置きについて
通販と店頭引渡しの取り置きを始めました。取り置き開始から一ヶ月間の取り置きが可能です。送料や発送方法など、詳しくはコチラをどうぞ。



■新品 - 中古の表記について
新品の商品はタイトル横にマークが付いています。マークが付いていない商品は全て中古商品になります。中古商品のコンディションについてはコチラをどうぞ。



■クレジットカード決済について
通販でのクレジットカード決済が可能になりました。Visa、MasterCard、American Expressのロゴがあるすべてのクレジットカードに対応しています。詳しくはコチラをどうぞ。


FXHE OMAR-S

7DAYSENT

TREASURE BOX

ROKOTSUNA MUSIC

NNN

something

comatonse recordings

kdj moodymann

Underground Quality


ENBAN


SMOOTH