Home - My account - Contact - Policy - Payment - Delivery - Terms - Blog - For Overseas Customers - Sweet

TOP > Detroit House / Techno

Detroit House / Techno

SOLDOUT

430 West - 4WMS10
(1995)(Smooth T)


SOLDOUT

Planet E - PE65258
(2000)(Smooth T)


SOLDOUT

REGGIE DOKES(Psychostasia)とPIRAHNAHEADによるタッグがPSYCHOSTASIAからリリースしたファーストリリース作品「The Blessed And Bliss」、WOMEN ON WAXからライセンスリリース盤。タブラと浮き沈みするコーラス&シタール。「Din Da Da」風チャントも印象的なラーガハウス。(2006)


SOLDOUT

CARL CRAIGがフックアップし、90年代後半に素晴らしいトラックをたくさんリリースしてくれたNick CalingaertことCOMMON FACTOR。アシッドハウスやサンプリングを交えたニューハウスのようなグルーヴ、そしてデトロイトテクノ影響下のシンセワークが同居した、ハイブリッドなハウストラック。こういうグルーヴってなかなか出会えないんですよね。(1999)


SOLDOUT

URのテクノとジャズの蜜月、マシーンミュージックが歴史とフュージョンしたデトロイトテクノ金字塔。チャイ・タウンの3丁目26番地から発信されたマシーン・ビートが、ジャズを師と、ファンクをプリーチャーと仰ぐモーター・シティの深い闇の中、赤褐色のソウルと惑星Eの電磁波に進むべき道を示し、猥雑にデフォルメされたディスコ・ミュージックには宇宙よりホーリー・ゴーストが降り立つ。未だに語り継がれるあまりにも早すぎた1993年の出来事。(2011)


SOLDOUT

Third Ear Recordings - 3EEP099
(2008)(Smooth T)


2,500円(内税)
【FROM BELGIUM TO DETROIT-WITH RESPECT】DERRICK MAY、CARL CRAIG、JUAN ATKINS 80年代後期のTRANSMAT音源を集めたDETROIT TECHNO 金字塔。全ての曲間にDERRICK MAY、CARL CRAIGによるインタールードが収録されたコンピレーションアルバム。正確なリリース年代はわかりませんが、ゼロ年代以降にリリースされたアンオフィシャル盤。正規じゃないけどマスタリングがバッチリな盤でもあります。(1992)


SOLDOUT

ビートダウン・ブラザーズがDetroit Beatdownという切り口で日々デトロイトで制作されるハウスの復権に一役買ったコンピレーション「Detroit Beatdown」、このシリーズは日本にデトロイトビートダウンというカテゴライズで紹介されることにより、90年代に芽吹いたデトロイトハウスが再び注目される種を撒いた重要なコンピだと思います。ベテランのキモチこもったトラックスが収録されています。(2003)


SOLDOUT

Underground Resistance - UR025
(2011)(Smooth T)


SOLDOUT

MAHOGANIからリリースした2011年作品。MARVIN BELTONの粘り気のある歌声で、執拗に戻ってこいよと歌い上げる「Image Fades Away」が強力です。FERRIS PARK節が効いたディープハウス「Body Body」「Catch A Clue」もええ艶出てます。(2011)


SOLDOUT

THEO PARRISHによるプロジェクトTHE ROTATING ASSEMBLY。(2004)


SOLDOUT

DERRICK MAYの琴線に触れ「Groove La Chord」でデビューした北欧のテクノクリエイターARIL BRIKHA。TRANSMATからリリースされたこの2ndシングルでもデトロイトテクノのメロディックなベクトルを丁寧に引き継いだサウンドを聴かせてくれます。ネオデトロイトの始まり。(2000)


SOLDOUT

FXHEからの「Plastik-Ambash」でのグルーヴの破壊と再構築を手掛けた後にディープハウスをリリースするスマートっぷりを発揮していた2010年作。ご一緒したときは、常に手帳にメモをしている好青年でした。空間性を重視したディープハウスとサンプリングハウス。信頼のMOODS & GROOVESからのリリースです。(2010)


SOLDOUT

OMAR-SがDet生まれNY育ちの玄人ハウスシンガーCOLONEL ABRAMSをフィートしてFXHEからリリース。AMP FIDDLERがシンセを担当、COLONEL ABRAMSが痛快に歌い上げてます。往年のハウスファンからFXHEヴォーカルハウス好きまで鷲掴みにする路上ゴスペルハウス大作。RECOMMEND (2011)


SOLDOUT

最近は過去音源の再発が続く、デトロイトハウスの雄MIKE GRANTが主宰するMOODS & GROOVESレーベル。MR.Gのグルーヴファンにも注目してもらいたい、疾走するタフなハウスグルーヴです。ビートはロウ、そしてウワモノはウォーミー。US産ハウスの魅力が詰まってます。(2003)


SOLDOUT

2012年リリースでも屈指のディープハウスアルバムだった1st Album「An Odyssey」のリリース以降勢いにのるビートダウン・ブラザーズDELANO SMITH。久しぶりとなる、自身のレーベルMIXMODEからリリース。最近リリースしていたSUSHI TECHからのリリースとはまた違った魅力のあるLOWな肌触りのディープハウス。微熱が続くようなグルーヴキープ力は健在。これまたグレイト・ディープハウスであります。(2012)


1,200円(内税)
宇宙人としての血が滾る、JEFF MILLS名作。PURPOSE MAKERからのリリースは2番が最も有名ですが、こちらはアフロフューチャリズム宇宙からの回答ともいえる、硬質でトライバルなトラック。ピッチダウンしてハウスDJも好んでプレイしていたのも納得ですね。(1997)


SOLDOUT

【FROM BELGIUM TO DETROIT-WITH RESPECT】DERRICK MAY、CARL CRAIG、JUAN ATKINS 80年代後期のTRANSMAT音源を集めたDETROIT TECHNO 金字塔。全ての曲間にDERRICK MAY、CARL CRAIGによるインタールードが収録されたコンピレーションアルバム。正確なリリース年代はわかりませんが、ゼロ年代以降にリリースされたアンオフィシャル盤。正規じゃないけどマスタリングがバッチリな盤でもあります。(1992)


SOLDOUT

PANDEMONIUMからのライセンスで96年にF COMMUNICATIONSからリリースMOODYMANNワークス傑作。ROY AYERS「Sweet Tears」を下敷きに、NORMA JEAN BELLのサックスと歌声が突き抜ける、Moodymann Mixは今尚フロアを艶やかに彩ります。NORMA JEAN BELL曰く「I'm The Baddest Bitch」はサイコーな気分の隠喩だそう。(1996)


1,600円(内税)
ガレージ・パンク・ファンなら知る人ぞ知るGORIESのMICK COLLINSとMOODYMANNがデトロイトコネクションでタッグを組んだ、驚愕盤。マッドな遊び心を感じるマシーンファンクセッション。RAWで痺れます。この盤には関係ないんですけど、映像はGORIES「Ghostrider」。(2008)




■最近チェックした商品

viewcart

カートを見る

other contents

コンディション表記

Link

For Overseas Customers

About Mole Music

Map

Mole Distro



■発送について
12000円以上お買い上げで送料+手数料無料。詳しくはコチラをどうぞ。



■取り置きについて
通販と店頭引渡しの取り置きを始めました。取り置き開始から一ヶ月間の取り置きが可能です。送料や発送方法など、詳しくはコチラをどうぞ。



■新品 - 中古の表記について
新品の商品はタイトル横にマークが付いています。マークが付いていない商品は全て中古商品になります。中古商品のコンディションについてはコチラをどうぞ。



■クレジットカード決済について
通販でのクレジットカード決済が可能になりました。Visa、MasterCard、American Expressのロゴがあるすべてのクレジットカードに対応しています。詳しくはコチラをどうぞ。


FXHE OMAR-S

7DAYSENT

TREASURE BOX

ROKOTSUNA MUSIC

NNN

something

comatonse recordings

kdj moodymann

Underground Quality


ENBAN


SMOOTH

ind_fris