Home - My account - Contact - Policy - Payment - Delivery - Terms - Blog - For Overseas Customers - Twitter

TOP > Detroit House / Techno

Detroit House / Techno

SOLDOUT

MIKE GRANTが主宰するMOODS & GROOVESレーベルのクラシックをカップリングした盤、第4弾。QUINCY JONESが担当したサントラ「Roots」からサンプリングしたMOODYMANN。Bサイドでは現在のトラックよりもRAW & LOWな90's RICK WADEを楽しめます。(2014)


4,800円(内税)
PEACEFROG初期リリース。BLACK DOGと同世代のSTASIS名義やPHENOMYNA名義で知られるSTEVE PICKTONによるインテリジェンステクノ。ロングトリッピンエレクトロニックミュージックジャーニーなA1、ウォーミーナパッドにクラベスがキラリと光る808のビートが儚く美しいB1。キックがズ太い変拍子ビートのB2と充実の内容。(1993)


SOLDOUT

オリジナルは'04年 RICK WADEのHARMONIE PARKからのリリース、ROBSOULからのライセンスリリース。THEO PARRISH節ファンクネス溢れる「The Twin Cities」は今尚ミックスやフロアでも聴くことが多いクラシック。「Dance Sing」は未発表のロングヴァージョンで収録。(2013)


SOLDOUT

かつてのPRESCRIPTIONの役割を果たすようなシカゴのFINALE SESSIONSレーベル。2012年にプロモ盤で出回っていたURのSantiago Salazar a.k.a DJ S2によるEPの正規リリース。ディープテクノなイメージが強いDJ S2ですが、今作はレーベルに寄り添ったディープハウス寄りの内容。デトロイト系譜の爽快と憂鬱が入り乱れるシンセワーク、空間性を強く意識したディープテクノ。(2014)


SOLDOUT

2005年にシングル2枚の体裁でリリースされた「Capritarious #7」と「Levels」。THEO PARRISHのマシーンファンクネス溢れるRAW & LOW HOUSE、The Rotating Assemblyプロジェクト以降のジャズに傾倒したトラック etc。「Sound Sculptures」へのターニングポイント。(2008)


SOLDOUT

SOUND SIGNATURE初期作品を彷彿させる音の彫刻に原点回帰したようなRAW FUNKの2011年作品。ハイハットが入ってきただけで、ワッとかいっちゃいそうな、絞りきられた音数。軋むビート、グルーヴも徐々に軋み始め、腰も軋めるマッドファンク怪作。「Shut The Fuck Up」


SOLDOUT

SOUND SIGNATUREという名のもとに独自のサウンドを追求するTHEO PARRISHの5thアルバム。豪快にフロアを揺さぶるだろう荒れとブレが生み出すドラムシーケンスとイマジナリーなシンセワークとアコースティックが生む歪曲した空間性。中古盤での再入荷です。(2014)


SOLDOUT

'04年 RICK WADEのHARMONIE PARKからのリリース「The Twin Cities EP」。THEO PARRISH節ファンクネス溢れる「The Twin Cities」は今尚ミックスやフロアでも聴くことが多いクラシックネス。ということで2013年にROBSOULからリマスタリングプレスされましたね。(2004)


SOLDOUT

SOUND SIGNATURE初期作品。この盤は事情が事情だけになかなかリプレスされにくい盤。RECLOOSE「Can't Take It」へのアンサーソングとしてリリースされたのですが、PLANET Eとモメた逸話もある盤です。RAW & LOW HOUSE。土着的パーカッションとヴォーカルのサンプリングが延々と繰り返される「Sawala Sayale」。(2001)


1,500円(内税)
THE ROTATING ASSENMBLYのメンバーであるトランペット奏者John Douglasとベース奏者Trent Mitchellが参加。初期SSの特徴である張り詰めた緊張感とTHE ROTATING ASSENMBLYのアコースティックの包容感が同居。ミニマルなピアノとクオンタイズを抑えたドラムを軸に、アコースティックが、クールなトーンで織り込まれていくブラックメンタルサウンド。(2015)


1,800円(内税)
97年にKDJからリリースされた「Took Me All The Way Back」。2008年にSOUND SIGNATUREから再発されましたが、KDJ盤でリプレス。THEO PARRISHが沸点を迎える、あの瞬間がフラッシュバックするエクストリームハウス。音質はさしてかわらず極悪そのもの。この音像がこの盤の持ち味だと思います。 (1997)


SOLDOUT

仏発で90's中期、後期の各地のハウスをリリースしていたDISTANCEレーベル。尖ったところが無い、滑らかな音をセレクトするベテランALTON MILLERによるディープハウス。タイトル通りええ艶出てます。(2000)


SOLDOUT

Scott Fergusonが主宰のFERRISPARK。313 Deep (2002)


SOLDOUT

FXHEスタジオでモータウンミニマルとの異名を持つ、モノトーンで独創的なファンクネスを持つミニマルを作り続けるOMAR-S、'05年リリース。敢えてブーストさせたキックとスウィートなシンセの組み合わせの妙がステキです。軋むドラムシーケンス。エッチングは「COPY THIS BITCH!」逆回転ヴァイナル片面プレス。(2005)


SOLDOUT

FXHE BACK STOCK。FXHEレーベルのコンピレーション。コネティカットで地下活動を続けていたJUS-EDとのコネクションが強かった時期です。JUS-EDが珍しくデトロイトテクノに接近したトラックが美しいんです。UQからリリースするとき使う、OMAR-Sの変名DJ-SNOTBURGERやSETH TROXLERがデトロイトにいた時に録音した音源を収録。今聴くと再発見ありますね。(2005)


SOLDOUT

3CHAIRSに最終加入したMARCELLUS PITTMANがOMAR-SのFXHEからリリースしたEP第2弾。マシーンファンクグルーヴに行き場のない珍妙でスウィートなフレーズを執拗に繰り返すエレピとシンセが妙にハマる「Obession」。徐々に空間をエグられていくドープテック「Skylark」。FXHEとピットマンの愛称はバッチリですね。(2006)


SOLDOUT

PLANET E - PE65259 (2001)


SOLDOUT

KENNY LARKINの変名YENNEK「SERENA X」をCARL CRAIGがINNER ZONE名義にてリミックス。DAN CURTINの初期名作が収録されたBUZZの素晴らしいスプリット盤。ラベルの真ん中にサークルがないので、2004年の再発盤。 (1992)


SOLDOUT

デトロイトテクノ/ハウスとの親和性に留まらず、各地のエッジの効いたテクノ/ハウスをリリースしてきたUK名門FEROX主催RUSS GABRIEL。これまたデトロイトとの交流が深いSushitech RecordsのサブレーベルPariterからのリリース。ピュアなポスト・デトロイトテクノ。(1998)


SOLDOUT

90年代後期からゼロ年代初期にAubrey Hoermannが運営していたデトロイトテクノ/エレクトロレーベルODIC FORCEの第一弾。ピュアなTRの音色とグルーヴを存分に活かした、デトロイトエレクトロ。やっぱりこのグルーヴはたまらんです。(1998)




■最近チェックした商品

viewcart

カートを見る

other contents

コンディション表記

Link

For Overseas Customers

About Mole Music

Map

Mole Distro



■発送について
12000円以上お買い上げで送料+手数料無料。詳しくはコチラをどうぞ。



■取り置きについて
通販と店頭引渡しの取り置きを始めました。取り置き開始から一ヶ月間の取り置きが可能です。送料や発送方法など、詳しくはコチラをどうぞ。



■新品 - 中古の表記について
新品の商品はタイトル横にマークが付いています。マークが付いていない商品は全て中古商品になります。中古商品のコンディションについてはコチラをどうぞ。



■クレジットカード決済について
通販でのクレジットカード決済が可能になりました。Visa、MasterCard、American Expressのロゴがあるすべてのクレジットカードに対応しています。詳しくはコチラをどうぞ。


FXHE OMAR-S

7DAYSENT

TREASURE BOX

ROKOTSUNA MUSIC

NNN

something

comatonse recordings

kdj moodymann

Underground Quality


ENBAN


SMOOTH